average関数【数値の平均】




今回はaverage、日本語訳で「平均」を出しましょう、という議題について解説していきます。

average関数【平均】について

前回解説したSUM関数、いわゆる合計の出し方と操作方法の流れは同じです。

難しそうと思わずに、チャレンジしてみてください。

下記が流れになります。

①どこに平均を出すか

②=averageは「平均」という意味

入力すると下記のようになります。

③上から下にドラッグ(引っ張る)

【現代文】の赤枠内、右下に太い十字キーが現れます。

その十字キーをそまま下に引っ張ります。

そして、エンターキーを押すと平均が出ます。

④全体の平均を出す

再度、【70.2】の赤枠内の右下に、上記画像のような十字キーが現れるので、右側に引っ張ると、全ての平均が現れます。

上記のように、全ての平均が出揃いました。

参考になれば嬉しいです。本日も最後までご覧いただきありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です